債務整理における弁護士の役割

自力での借金の返済が困難になってくると 最悪の場合自己破産をしなければならなくなることがあります。

債務整理はそのような事態に陥る前に行う必要がありますが、自分で手続きを最初から最後まで行うのはとても大変です。そんなときは、最寄りの債務問題に詳しい弁護士のもとへ訪れると解決への緒をつかむことができる可能性があります。 

 

弁護士に債務整理をしたいことを相談すると、引き直し計算によって借金がどれくらいあるかを把握した上で、本人の現在の職業や将来の収入の見込みなど、様々な要素を考慮した上で最適な債務整理の方法を選んでくれます。

 

ただの相談だけであれば弁護士からアドバイスをもらって終わりですが、お金を支払って手続きの代理を依頼すれば、債権者との交渉や裁判所とのやりとりなどといった本来自分で行わなければならない作業を弁護士がすべて代わりに行ってくれます。

 

依頼者は手続きが終わるまでの間は弁護士の指示にしたがって動くだけでよく、債務整理完了後の生活基盤の再構築に力を注ぎやすくなります。

 

 

 

© 2019 債務整理 rss