債務整理と自己破産との違い

銀行や消費者金融などの金融機関で住宅ローンやキャッシングサービスを利用することがあります。それらは生活を潤滑におくるために欠かせないこともありますが 返済が滞ってしまうと利息が膨らんで負債が多くなってしまいます。

 

安定した収入があれば負債は返済できますが、収入よりも返済額が多くなれば生活に支障をきたすようになり 厳しい取り立てが行われることがあります。

そうなったときは債務整理や自己破産をすることで 厳しい取り立てや過度なストレスしてもらうことが可能です。

 

債務整理と自己破産との違いは、債務整理はこれまでの返済計画を見直して、利息を軽減してもらい無理のない返済額を決めることになります。その場合は借り入れをしている金融機関と話し合いを持って、相手にも納得してもらった上で手続きを行います。

一方で自己破産は、返済能力がないとみなされることから、借金は帳消しになるものの、いわゆるブラックリストに掲載されることになるので一定期間は銀行口座を開設できなかったり融資を受けられないペナルティを受けることになります。

 

 

 

 

© 2019 債務整理 rss